武蔵ヶ辻の話題ネタ

8日から始まっていました、昭和7年に建築された北国銀行の武蔵支店ビルの「曳き家」工事が無事に終わりました。6日間で約20m、このように動きました。
この建物は、正面の3連アーチ状の窓が特徴的な地上3階建てので、昭和を代表する文化勲章受章の建築家村野藤吾氏が設計しました。
石川県が始まって依頼の大型建物の「曳き家工事」、建物を解体せずに移動する工事です。何と重さが約2,200トンもあるでっかいコンクリートです。次世代に残る「建築」としても、武蔵の街の「シンボル」にないます。
お昼に近江町市場の近江町食堂に行きました。お昼を近江町で食べるのが初めての経験で、海鮮丼も初めてで、値段を気にしながら注文してしまいました。美味しかったです。
下の写真は、少し食べてから写真撮らなくちゃと気づきシャターを押しました。ゴメンなさい。前の敦賀の昆布ラーメンも同じでした。なんか食い意地がはってますね。
今週末19日(金)武蔵ビジネスクラブ10月定例会は、開演前夜『武蔵戦隊 近江レンジャー』脚本と出演をしている、メロメロポッチ店主熊野盛夫、テーマソング『近江町ブルース』を歌う、平ちゃんも出演予定です。
参加は自由です。申込先コメントに参加表明ください。
人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!14位付近にいます、みつけてもう一度クリックしてください。
海鮮丼食べて気がついた海鮮丼

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です