新現役のための経営者研修がありました

「新現役のためのIT経営のあり方を考えるセミナー」の講師を行いました。

新現役とは、退職された方や近く退職を予定される方で、今まで培った経験、ノウハウ、ネットワークを活かして、地域・中小企業の支援に貢献したい方です。

セミナーの内容は、「経営者研修」のテキストをベースに4日間を2日間に短縮して行いました。

本日は2日目で、自分はビジネスモデル作成と収益性の確認をテーマに行いました。

第1日目は、2008年IT経営力大賞の受賞会社のIT経営成功事例のビデオ紹介を行い、ケース企業のSWOT分析、事業ドメインで現状分析を行った。
そして、現状分析から重要成功要因の抽出を行った。

第2日目の自分の担当は、自分の得意とするビジネスモデルの検証、バランス・スコアカードの財務の視点、顧客の視点、業務プロセルの視点、人材と変革の視点でビジネスモデルを検証します。

2日間通して、ケース企業の分析をグループ検討で行いましたが、さすが皆さん豊富な経験があり、良い検討ができ、熱が入っていました。

最後皆さんにセミナーの感想を伺いましたが、IT経営とついているのでIT関連の話かと思って来たという方が多かったようです。ITの話よりも経営戦略の話(経営の基本となる話)で、とても良かったとお褒めの言葉をたくさん頂きました。

知名度低いことを痛感しましたが、一人ひとり方に、理解してもらえる努力をしないといけないと思いました。

ITコーディネータは、経営の基本的な部分の整理を行い、経営課題を抽出し、その課題の解決にIT化すれば良いところをIT化、IT化ではなく人材育成ならば人材育成の提案を行い、経営戦略策定支援を行います。

関連記事
<a href="http://myproject.blog13.fc2.com/blog-category-7.html" title="「ITコーディネータ」をテーマにしたブログ一覧">このブログで「ITコーディネータ」をテーマにしたブログ一覧</a>

  20090223.jpg

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする