人生の意味

どんな時にも人生には意味がある。
この人生のどこかに、あなたを必要とする「何か」があり、あなたを必要とする「誰か」がいる。
そして、その「何か」や「誰か」は、あなたに発見されるのを待っている。私達はつねに、この「何か」や「誰か」に必要とされ、「待たれている」存在なのだ。
だから、たとえ今がどんなに苦しくても、あなたがすべてを投げ出しさえしなければ、いつの日か人生に「イエス」と言うことのできる日が必ずやって来る。
あなたが人生に絶望し、もう何も期待しなくなったとしても、人生のほうは、あなたに絶望することはない。
人生は、死の瞬間まで、あなたに期待しているのだ。
         「生きがい発見の心理学」諸富祥彦 著、NHK出版

●空虚感とは何か
空虚感を感じたからといって、あなたに欠陥があるわけではありません。落伍者だと思い込み、自分につらくあたるのはやめましょう。むしろ、空虚感を人生の次のステップに移るために通り過ぎなくてはいけない道と考えたほうが、あなたにとってずっとプラスになるはずです。この時期は新しい自分が芽生えてくる時期なのです。
●プラスの「磁場」をつくる
気分が落ち込んでいるときは、自分が人生で感謝しなくてはないことをすべて思い出してください。そうすれば、エネルギーレベルは必ず高くなっていきます。より高いエネルギーの状態で生活し、活動していれば、目的は実現する方向に自然と向かっていきます。

Follow me!

カテゴリー:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です