トークンが来ました

ジャパンネット銀行からトークンが送られてきました。
このトークンから60秒毎に異なるワンタイムパスワード(6桁の数字)を表示します。1分毎に新パスワードができます。これですとパスワードを盗まれても1分後は使えなくなります。
トークンの有効期限は、約5年間で有効期限が近づいたら、新しいトークンが送られて来るそうです。
ワンタイムパスワードは、スパイウェアやフィッシング等のセキュリティ対策になります。
スパイウェア:
インターネットやメールを介して、知らないうちにパソコンに侵入し、パソコンの情報や個人データを無断で盗み出したり、盗み出した情報を元に広告をポップアップするプログラムを総称して「スパイウェア」と呼びます。
フィッシング:
物のサイトに似せて第三者が不正に公開しているサイトを「偽サイト(にせさいと)」といいます。
偽サイトにはわざと誤った情報が掲示されていたり、偽サイト上で個人情報やログインパスワードなどを入力すると、偽サイトの管理者に盗み取られることがありますので注意が必要です。
ジャパンネット銀行は、トークンの費用は掛かりますが、安全性を大きくアピールできますね。
人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!
元気ポイント!
避けることを考えるよりも、解決する方法を考える。これが成功の秘訣かもしれません。
トークン

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする