情報漏えい対策について

続編(情報セキュリティ)
社員一人に一台のパソコンのリスクは、
・社外でノートパソコンを紛失すると、重要なデータが外部に流出する危険がある。
・廃棄ミスによる情報漏えい、パソコンのハードディスクに機密情報が保存あれている可能性がある。
・第三者が社内システムに侵入、社内の機密を、関係者以外の人が閲覧できる。
・知らぬ間にウイルス感染、ウイルスによっては勝手に外部へ情報を漏らしてしまうものがある。
安全対策は、
・社員が正しくパソコンを使用できるように「社内ルール」を決めること。セキュリティに対するモラルアップを行なう。
「社内外へのパソコンの持ち込み、持ち出しを規制する」、「原則、私物パソコンの使用禁止」、「業務と無関係な使用を禁止」等
・全パソコンの使用状況を把握できるよう「IT管理体制」を作ること。
「社内パソコン1台1台の機種名や使用責任者を明確にする」、「最新のウイルス対策ソフトをすべてのパソコンに導入する」、「リース管理の徹底と不要データ削除」等
情報漏えいの安全対策やってますか。
人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!
元気のポイント!
「知行合一」
学んで得た知識を行動に生かし、行動することでさらにその知識を体得していくことです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です