7月が始まり、後半戦スタートですね

昨日は司法書士の先生のところに行ってきました。
6月に石川県情報化支援協会の通常総会が行われました。理事長を引き受けて1年が経過しました。いろいろ勉強させて頂いています。
NPOの場合、総会は事業年度終了後3か月以内に開催しなければいけません。
事業内容は、セミナーを3つ開催
・生産管理入門「業務の基本知識とコストダウンの考え方」(ITCA主催セミナー)
・「国際財務報告基準IFRSの概要と中小企業ビジネスプロセス変革へのインパク」(ITCA主催セミナー)
・「 ITコーディネータの為のクラウド活用セミナー」(石川県情報化支援協会主催セミナー)
経営者研修を開催(金融機関向けと金融機関の顧客向け)の内容は、
・IT経営とは (IT経営力大賞事例DVD)
・経営理念・経営ビジョン・経営目標の設定
・現状分析 SWOT分析、事業ドメイン
・CSF(重要成功要因)の抽出と優先順位付け
・経営戦略MAP
・IT戦略
・アクションプラン
までを1日コース、3日コースと分けて行いました。
石川県に事業報告書を届け、司法書士さんに登記をお願いしました。NPOは1年に1度登記が必要です。
昨日は、総会の議事録の判子を貰いに4人の方のところに回って、最後に司法書士さんのところに行きましたが、
議事録が2枚になっていて、ホッチキスで留めページのつなぎ目に判が必要なことが判明、再度戻って判を貰ってきました。いろんなことがあって大変でした。6月は総会準備でいっぱいいっぱいでした。
最後にiPad2購入して1か月、もうそばにいないとさみしくなります。
また、会う人、会う人に自慢しています。2回目の方ゴメンなさい。
人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!37位付近にいます、みつけてもう一度クリックしてください。
(ご参考までに)
石川情報化支援協会とは、石川県を中心に活動する ITコーディネータ(ITC)が集まり、企業の情報化を支援する目的で結成され、2005年3月に NPO法人として認可されました。
ITコーディネータ(ITC)は、経営とITの双方に精通したコンサルタントであり、 企業の情報化を支援するばかりでなく、IT経営を推進する経営者の皆様にとっての参謀としての役割を担っていける人材です。
ITCが薦める情報化は、最新鋭のIT技術を視野に入れながら、企業独自の経営戦略に直結する情報化(戦略的情報化)、投資効果を可視化する情報化であると言えます。
石川県情報化支援協会は、ITCの資質向上のための支援をしていくと同時に、IT経営を推進している企業への情報提供をはじめ、ITコーディネータとのマッチングを推進する窓口としての活動をしております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です