1つ目は、トップが3年後のあるべき姿を描いていること。

なにをやって行くかきまっているか。

つまり経営課題が決まり、その解決の経営戦略が絵になって、社内に浸透していること。