磁石ってすごい

がっちりマンデー、せまい業界シリーズ、今回は「磁石業界」でした。
磁石って誰が発明したか知ってますか、ネオジム磁石、フェライト磁石って?
磁石の歴史は日本の技術の歴史、発明に関わったのはほとんど日本人でした。
1917年、東北大学本多光太郎博士がコバルト、クロムを原料にして世界初の人工磁石KS磁石を開発。1931年、東京工業大学武井武博士、加藤与五郎博士が鉄さび(酸化鉄)原料にフェライト磁石を開発しました。
1982年、住友特殊金属佐川眞人博士が最強のネオジム磁石を開発しました。この磁石従来のフェライト磁石の10倍の威力があります。
ネオジム磁石を使ったモーターは、抜群に効率がよく、同じ電気量で2倍のエネルギーがでます。同じ力であれば、半分の電気量でモーターが働きます。
目に見えないところで磁石の製品がたくさん使われています。エアコンの電気代の節約や携帯電話の小型化に役立っています。
人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!12位付近にいます、みつけてもう一度クリックしてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です