立場の強い人を説得する「説得術」

日経SYSTEMSの目次をみたら、目についた記事があり紹介します。現場ですぐに使える超実践的「説得術」、立場の強い人を説得する手順とコツの紹介でした。
説得術
・対立構造を作らない
 相手の主張を真っ向から否定しない。(→真っ向否定します)
 反論は「No Because型」ではなく「Yes But型」で!
・相手に好感を持ってもらう
 話をよく聞き、相手が満足するまで話させる。(→できていない)
・なにかを断る説得の場合、自分が断る立場でないことを強調する
 自分が断る立場でないことを理解させる会話を!       
上司や顧客などの意向をうまく利用する。
・なにかを断る説得の場合、相手に情報を与えてメリットがないことを悟らせる。
 他社事例、法律、会計、税務などの情報を使って、相手が依頼していることに大きな問題があることを伝えて諦めさせる。
どれもなかなか、わかってはいても出来そうにないことばかりですね。
でも自分の場合、説得する前に説得しても無駄だと思うところがいけないようです。反省ですね!
人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!
元気のポイント!
自分にはできるのだと信じるだけで、何事も可能になります。信じることができる人に、奇跡は訪れるのです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です