W杯ビジネス総決算編

先週のがっちりマンデーは、W杯ビジネス総決算編でした。まあ今から出てきますがどれも数字や金額が大きいことにびっくりです。
W杯延べ視聴者数は320億人、決勝戦は20億人以上でした。トリノ五輪は31億人に比べるとW杯人気は凄いですね。
スポーツ用品メーカーのadidas、PUMA、NIKEの3大メーカの力の入れ方は凄く、ナショナルチームとのユニフォーム契約を行なうことです。
ブラジルナショナルチームとNIKEとの契約は、10年間で推定230億円だそうです。
adidas、PUMAはドイツの会社、当初は1社でしたが兄弟喧嘩で2社になったそうです。そして2社とも世界規模の会社になったことは凄いです。NIKEはアメリカです。
FIFAの収益は、テレビ放映権です。98年フランス大会(130億)、02年日韓大会(1220億)、06年ドイツ大会(1440億)8年前のフランス大会に比べて10倍以上になっています。
次の収益は、公式スポンサーです。FIFA公式パートナーは15社、2大会連続計80億円(推定)、1業種1社ルールがあります。
次の大会からは6社に減り、SONYは8年契約340億円(推定)だそうです。
スケールの大きな話ですが、宣伝効果は計り知れないそうです。
人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!
元気のポイント!
ため息をつくと幸せが逃げて行きます。笑っていると幸せが近づいてきます。笑ってないと

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です