番号ポータビリティーについての雑学

番号ポータビリティは、平成18年10月24日(火)から開始されます。番号ポータビリティの雑学です。
変更手順は、いま持っている携帯会社に転出手数料(2,100円)を払って予約番号を受け取り、変わる携帯会社に予約番号と契約手数料(各社によって違いますが約3,000円)を払います。約5,000円でできます。
携帯各社の差別化対応は、
・もっとつながりやすく 
・新機種
 au 音楽、デザイン 12機種 
 Softbank 薄型    15機種
 ドコモ        20機種以上予定 
・サービス
 SoftbankはYhoo!との連携は通信無料
・契約数
 ドコモ 56% 
 au  28%
 Softbank16%
番号ポータビリティー便利だと思いますが、自分の場合の携帯会社選択のポイントは通話料が下がるサービスいいですね。いまのところ携帯各社から表明されていません。
注意点として、メールアドレスは変わります。
人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!18位付近にいます。
元気のポイント!
発想の転換「顧客の声を聞く」から「従業員の声を聞く」
顧客の声を聞くために必要なことは、一人ひとりの従業員が顧客の声を聞きたいと思うことです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です