経営とは?(その2)

経営とは?(その1)
経営者は経営する人、幹部が管理する人、社員が仕事する人です。それぞれに経営の仕方、管理の仕方、仕事の仕方があります。
仕事の仕方は、作業頭(ダロウ思考、結果管理)から仕事頭(担保思考、先行管理)に鍛えること。
←仕事の仕方は、いかに主体性をもたせることからかな。
管理の仕方は、部下に仕事をさせて成果を担保すること。
上司は追い回し型からいっしょに作り込む、作り込み型上司に変わると会社が変わります。←作り込み上司を増やすこと
経営の仕方は業務監査、業務の進め方が正しいか監査し、事業領域を鍛えることです。
そして、会社にもランクがあります。自分の会社のランクを知り、それに対応した経営があり、ランクアップしていく必要があります。
役員会議でこんな会社は全部「初級」!
・役員会議自体が存在しない
・社長の独演会。会議の大半は社長の訓話と叱咤に終始。
・踊る会議、論じて議せず、議して決せず、結局なにも変わらない。
                (日本語で書いた「経営」の教科書より)
人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!
元気のポイント!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です