地域再生ビジネス

米国の旅行代理店が企画したグリーンツーリズム(滞在型旅行)の国内滞在地の一つに石川県が選ばれ、米国人の観光客が中能登町などで田植えや稲刈りなどの体験ツアーを行うことになった。
県の石川地域づくり協会がビジネス化を目指す農山漁村での滞在型旅行のモデル事業になります。
グリーンツーリストは農村や漁村に滞在して農漁業を体験し、地元の人との交流を楽しむ旅行スタイル。
国内でも、団塊世代の大量退職を見据え、交流人口の拡大だけではなく、将来的な定住人口につなげる狙いもあります。
(北国新聞より)
人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!15位付近にいます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です