三角合併 日本では5・1から解禁

激動の鉄鋼業界の続編です。前回JFEスチールの記事を書いたからか、NHKスペシャルのタイトル「敵対的買収を防げ~新日鉄・トップの決断~」が気になってビデオを撮りました。
昨年1月、鉄鋼業界1位のミタルスチールは、第2位のヨーロッパ最大の鉄鋼メーカーのアルセロールを敵対的買収に成功させた。
鉄鋼王テクシュミ・ミタルはインド人経営者、スクラップ工場から25ヵ国の製鉄所を買収、短期に業績をあげ世界のマネーを呼び込み株式交換で買収を繰り返していきました。自らは製鉄所を作った経験はありません。
鉄鋼王ミタル氏は、つぎの買収のターゲットはアジアだ公言しています。
5/1から日本では、三角合併が解禁になりました。外国企業が買収先の3分の2の株主の賛同を得られれば、日本にある子会社を通じて買収ができる仕組みです。
テレビの内容は新日鉄の三村明夫社長、アルセロール社に対する敵対的買収の分析を通しての買収対策や鉄鋼王ミタル氏とのトップ会談でした。
日本のものづくりを守りながら、マネーの理論とどう戦うのかがみどころでした。
鉄鋼製品はすでにグローバルな商品であること、グローバルな商品になれば、世界中から敵対的買収がおこる可能性があることですね。
人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!20位付近にいます、みつけてもう一度クリック。
武蔵ビジネスクラブ5月定例会案内(5/18)です。お気軽に参加ください。

Follow me!

2 thoughts on “三角合併 日本では5・1から解禁

  1. ゆうちゃん 返信する

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私もこの番組ちらっと見ました。新日鉄の三村社長のプレゼンが印象的です。鉄を作る人間こそが鉄鋼業界の再編を担うべきであるというプレゼンは、印象に残っています。
    考えさせられました。

  2. ふくふく 返信する

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ゆうちゃんさま、コメントありがとうございます。
    グローバル化が進めばどこの業界でもおこりますね。ホント考えさせられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です