黒川温泉人気の秘密(前編)

NHK経済羅針盤は、年間100万人の温泉客を集める熊本県の黒川温泉、新明館の後藤社長でした。
昭和30年代、お客が集まらない温泉地、特徴は温泉と山菜料理でした。観光地アピールに営業に行ったが、温泉と山菜料理はどこでもあると言われた。
後藤社長、特徴ある温泉を作ればと周囲の反対の中、ノミとカナヅチで一人で穴を掘り、15年掛かって洞くつ風呂を完成させました。
この洞くつ風呂、隠れた秘湯で有名になり、お客が来るようなり、周りの店も露天風呂を作り活気づいてきました。
(後編につづく)
→朝時間がなくなりました。もって早く起きればよかったのに最近朝寝坊しています。気合を入れなければ・・。
人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!16位付近にいます。
元気のポイント!
早起きすべし!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です