芝居と商売が上手い

がっちりマンデーは、エンターテイメントビジネスで成功している劇団四季 浅利慶太代表でした。
2006年に劇団四季の新しい拠点、「四季芸術センター」がオープン、敷地面積5,000坪、稽古場14室、研究室33室、俳優・研究生合わせて約600名が在籍しています。素晴らしい施設です。
お金にならないと言われている演劇界で成功の秘密は、
・芝居がうまい! お客さんに感動を与える
 →とにかく稽古だ!
 「一言落とす者は、去れ!」浅利代表が考案、「作家の書いた言葉を、完全にお客様伝えること、一番大事なことなんですね。その中の音を1個でも落とすような不注意は劇団を辞めてもらう」
また、お客様に綺麗に聞こえるために”母音法”というトレーニング方法、母音を一音づつ分けて発音すると台詞が理解してもらえる。
四季独自の理論とトレーニングがハイレベルな舞台を支えています。
・オーディションでも優秀な人材が集まる。
 年1回、受験者993名、約7%の77名が合格
・お給料制(演劇界初の給料制を導入)
 お給料があるから、芝居だけで食べていける。四季の俳優は原則、テレビ・映画に出演しない。劇団以外の仕事はしない、舞台に集中できる。
・ロングラン(公演は長くやればやるほど儲かる)
 セット、照明、音響等、初期投資が莫大に掛かるため、公演期間が短いと儲からない。日本演劇史上初、専門劇場「キャッツシアター」を建設しました。また、日本初コンピュータによる電話予約システムを導入、このシステムが現在の「チケットぴあ」の原型になったようです。
演劇とビジネスを両立させる経営とは、
代表「自分が納得する面白い芝居をみれば、お客さんは喜んでくださる。お金を払ってもらえる」
「松下電器は、便利を売っている、日本生命は安全を売っています。劇団四季は”生きがい”を提供するのが仕事です」
劇団というより、優良企業というイメージですね。
人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!27位付近にいます、みつけてもう一度クリックしてください。
武蔵ビジネスクラブ8月定例会(8/22)開催案内です。武蔵ビジネスクラブは金沢市のインキュベーション施設、ITビジネスプラザ武蔵を中心に活動するかなりユニークな異業種交流会です参加しませんか?

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. magazinn55 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    突然ですが、もし、さしつかえなければ、
    私のサイトに、あなた様の
    ブログを登録していただけないでしょうか。
    ランキングを楽しんだり、
    さまざまなブログを拝見したり、
    ブログライフの引き出しとして、
    お願いできないでしょうか。
    こちらのサイトです。
    http://www.p-netbanking.jp
    是非、御願いします。