コスモ石油の戦略的な取り組み

NHK経済羅針盤は、コスモ石油の木村社長でした。
10月にアラブ首長国連邦政府系ファンドが900億円出資し、筆頭株主になりました。
原油100ドル時代のコスモ石油の明確な戦略は、
・原油の安定確保、2012年石油権益の契約が切れる。そのために産油国との良好な信頼関係を作らないといけないと判断
・海外事業を強化、2割を輸出する目標を立てました。
「政府系ファンドと連携することで資金力も豊富ですし、国際的なネットワークもある。我々の経営資源を組み合わせることで相乗的な効果がだせる」
今競争が激しいので、非常に厳しい状況であるけれど、どうやって乗り越えていくということで1000億円で新しい重油の再生プラントを建設します。
原油は、ガソリン、灯油、軽油、重油に分離します。重油は約4割、85%を再生します。
また、原油だけではなく鉄鉱石も65%高値で過去最高だそうです。自動車、家電製品も値上げでしょうか?
資源のない日本どうすればいいのでしょうかね。
人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!15位付近にいます、みつけてもう一度クリックしてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です