カゴメ、バイ・デザインの戦略

今日の「がっちりマンデー!!」はカゴメの社長さんでした。カゴメの戦略を話された中で気になった点は、カゴメは日本でも有数の農業ビジネス会社であることでした。トマトの農場を紹介していましたが、明らかに生産工場でした。つちは使わず、殺菌室を通って農園に入り、ハイテク技術で一括管理されていました。こんな方法で農業が工業化されていることに少しびっくりしました。
その後の経済羅針盤は、バイ・デザインの社長さんでした。バイ・デザインは格安の薄型テレビで市場に参入したベンチャー企業です。この会社の戦略は、日本市場はブランド力が必要で参入は難しく、アメリカやヨーロッパなどを先に売り先にしてから日本に市場に参入する。社長の人派は国外の電子部品メーカにあり、海外から安い部品を調達し、中国で組み立て(ファブレス:工場なし)て販売、安さの秘密は安い部品と販売管理費を極力押さえています。だだこの会社、社長の人派は強みであるが、弱みであることに注意が必要でしょう。
格安の薄型テレビが市場に参入すれば価格競争、うちでも薄型テレビが買えるかも、電気屋さん行って注目しましょう。

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ????Τ? より:

    がっちりマンデー!に気をつけろ!

    日曜日の朝なのに「マンデー」って・・・。もとは「もうかりマンデー!」でしたね。ひところよく観てたのですが「IPOは80%の確立で儲かる」とか言い出したので観るのを止めました。この番組のスポンサーは「カブドットコム証券」ですからね。あぶないあぶない。80%