安さで成長するスーパーの戦略

NHK経済羅針盤は、スーパー経営50年、スーパーオーケーの飯田社長でした。
オーケーは首都圏46店舗、5年で売り上げ倍増を達成しました。
スーパー経営50年社長の哲学、必ずリピートしてくださるような商売をしませんと繁栄しません。お客様に信頼されるということが一番奥にあると思います、
醤油は棚に並んでいるのは1つのメーカだけ、スパゲッティも1つのメーカ、1つのメーカに絞り、大量に仕入れることで安くしている。また、肉はトレイに入っていない。トレイ分節約します。
新聞の折込広告は、デジカメで撮り、自分達で作成して費用削減します。
OK 高品質 Everyday Low Price 毎日が低価格で特売をしないスーパーです。
信頼がポイント、スーパーの経営。
「オネスト(正直)カード」季節天候により品質が悪い場合もある。何も断わらないで売ったら、オーケーの青果物は良くないと鮮度も悪い、品質も悪い、値段も高いと次に店に来て貰えなくなるから、正直に状況を伝えます。
「競合店に対抗して値下げしました」、どこよりも安い、競合店の広告をチェックし、値札を入れ替える。お客様にまた来て頂くには裏切らないことが第一「正直」が客を掴みます。
スーパー経営50年の哲学は、お客様の立場に立ち、裏切らない信頼関係にありますね。
人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!20位付近にいます、みつけてもう一度クリック。
武蔵LIVE! 
「百万石祭り行列ライブを全国に発信予定!」(1分間隔で更新)
 6月2日(土)15:00〜17:00限定版

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です