2006年度からの減税処置とは

情報セキュリティ強化と国際競争力強化を目指し、情報基盤強化税制が2006年4月1日に施行される。
減税処置は法人税額から製品を購入した費用の10%の法人税控除か、取得価格の50%を特別償却するいずれかを選択できる。
この減税処置は、IT投資促進税制からの継続ですが、対象となる製品と金額の制約が変わっている。
投資対象は ①OS(OSをインストールしたサーバーも対象) ②データベース管理ソフトウェア(そのデータベースを利用するアプリケーションも対象) ③ファイアウォール
対象となる投資金額も資本金によって決まります。
期間は2008年3月31日までの2年間です。
せっかくの減税処置、うまく活用しましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です