都会のお年寄りのこころをつかむ

NHK経済羅針盤は、
リヤカー、なつかしく聞こえる豆腐屋さんのラッパ。都会の豆腐の行商でお年寄りのこころをつかんだターベルモーノ野口博明社長(45)でした。
人間のガソリンは食べ物、食べ物にずっとたづさわって行きたいから社名はながくのばしたとユニークな社長でした。

東京築地に豆腐屋のお店をかまえましたが、来る日も来る日も豆腐は売残りました。その時に目にとまったのが、築地市場のリヤカーでした。

「リヤカーで月島の町に行ったときなんです、いきなりラッパを吹いたら、おばちゃんたちがバアーと出てきて、なつかしがられました。東京っていう大都市は20%しかお年寄りがいないと思っていましたが、ベースの人口はものすごい数であることは間違いない」

リヤカーを引くのはアルバイトの若者、売っている豆腐は高めの320円です。利用者23区を中心に129万人、多くが一人暮らしのお年寄りです。
お客さんは、「重いものはもてない」、「若い人との会話が自分の気持ちをいきいきする」評判が良いです。

1台のリヤカーからはじまったこのビジネスが、いまは100台、年商8億円になりました。都会の高齢化が進む中、お年寄りのニーズを掘りおこす、古くて新しいビジネスです。

武蔵ビジネスクラブの2月定例会(勉強会)ご案内 
★学ぶシリーズ ・・・・・ 学んでいろんなことを「気づき」ませんか?
『わが国との違い!中国 最新 起業情報について』 〜中国ビジネス状況が聞けます〜
参加自由

Follow me!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. サトシ より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ブログ巡り中に立ち寄りました。
    応援ポチッ!