みずほコーポレート銀行

NHKの経済羅針盤は、みずほコーポレーション銀行の斎藤頭取でした。この番組は、経営トップが自ら経営戦略を説明します、日曜日の朝の番組は勉強になります。
みずほ銀行とは違い、大手企業専用の銀行です。東証1部の7割との会社と取引関係があります。
ソフトバンクのボーダフォン日本法人買収1兆7500億の主幹なり、他社銀行や保険会社からの取り纏めを行なった。(シンジケートローン)
これからの戦略は、「融資」オンリーから「手数料」へ、「企業の買収の仲介」、「社債の発行」等の手数料収入を50%以上に引き上げる。
情報力で開拓する新しいビジネス、業界の最新情報で取引企業のアドバイスを武器に、事業戦略、経営戦略策定の支援を行なう。
同じようなことが、ITコーディネータと地方銀行が提携して企業支援を行なっています。
広島銀行は、広島ITコーディネータ共同組合と連携して取引先企業のIT化支援を行なっている。
千葉興行銀行は、NPO千葉県ITコーディネータを「IT化推進相談」窓口の相談員と一緒に同行する契約を行なっています。
今後は、石川でもITコーディネータと銀行との連携が必要になります。役立つITコーディネータ、いい連携だと思います。
人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!
元気のポイント!
失敗のプロセス−−−主体性、やる気が発揮されない
成功のプロセス−−−まずトップがビジョンを熱く語る

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です