都市再生の森ビル

NHK経済羅針盤は、森ビルの森社長でした。
創業者で、高度成長時代に新橋中心に貸しビル業でビルに番号を付けて森ビル−45までのビルを所有しました。40万㎡を超える貸しビルの面積があります。
普通はこれだけビジネスが広がれば良いとおもいますが、昭和61年に、ビルばかり建ててもだめ、街が寂しくなる(土、日曜にほとんど人がいなくなる)として再開発事業に事業転換しました。
アークヒルズは、Aは赤坂、Rは六本木、K結節点で再開発をおこなった。再開発地区には、ホテル、オフィスビル、高層マンション、コンサートホール等を作り、ビルづくりから街づくりを行った。
2003年、六本木ヒルズもオフィスビル、ショッピング、美術館があり、1日10万人が訪れています。
2006年、表参道ヒルズが開業しました。
いま上海に巨大プロジェクトに取り掛かっています。超高層ビル(492m)世界の金融センターを計画中です。
人気ブログランキング ←応援のクリック、ありがとうございます!
元気のポイント!
困難は避けるものではなく、解決するものである by カルロス・ゴーン

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です